横浜市英語塾 Wisdom teeth. WHY?!

2024/03/14 ブログ
logo

I had my first wisdom tooth pulled out around ten years ago and it was not all that bad.  A little blood and almost no swelling.  It had already pushed its way out of the gums.  So my dentist gave me a shot, tried to put me under with laughing gas (nitrous oxide), but I remained conscious (but not caring because of its dissociative effects) and remember him standing on the chair above me with pliers yanking on my tooth while two dental assistants held my head down.  

This time however, the wisdom tooth was coming in back to front and pushing against my back molar.  It was also hidden under an overhang of mandible bone.  So my dentist called in an oral surgeon to cut it out.  I found out through internet diving that I am closely related to the Denisovans.  Three root mandibular molar gang here.  One of those roots was sitting on the nerve, so the surgeon shaved it down, gave up on pulling it out, and covered it up with the gum they cut away. It took two and a half hours and now it looks like I'm hiding a golf ball in my cheek.

 

10年ほど前に初めて親知らずを抜歯しましたが、それほどひどいもの
ではありませんでした。血は少し出ますが、腫れはほとんどありませ
ん。まあ、すでに歯茎からはみ出していました。そこで歯科医は麻酔
かけて、亜酸化窒素吸わせたが、意識を保っていました(しかし、解
離作用のせいで気にしていませんでした)。彼が椅子に立ってペンチ
で歯を引っ張っていたのを覚えていますその間、2人の歯科助手が頭を押さえつけていました。

しかし今回は、親知らずが前後に生えてきて、奥歯を押していまし
は口腔外科医を呼んでそれを切除してもらいました。インターネット
 ダイビングを通じて、自分がデニソワ人と密接な関係にあることを知
りました。ここに下顎3根臼歯群があります。それらの根の1本が神経
の上に乗っていたため、外科医はそれを削り、抜くのを諦め、切り取
った歯肉で覆った。 2時間半かかりましたが、今では頬にゴルフボー
ルを隠しているような状態です。