横浜市英語塾 Homelessness part nineteen of many

2023/10/30 ブログ
logo

The last entry had something that caught my eye.  What about those that slip through the cracks?  People that have trouble fitting into society.  These individuals have existed thoughout history in every size of civilization, from a hamlet to a metropolis.  In affluent societies, there can be resources allocated to find ways to minimize their negative impact on society or set up programs to utilize their skills for the whole.  As our populations grow, more of these people crop up and with communication methods becoming near instantaneous, they can find others with the same thought processes as themselves and create their own communities.  This can be good or bad for the rest of us depending on their goals.

But what happens to these people when society cannot afford to support their needs?

最後のポストで気になるものがありました。亀裂をすり抜けた人たち
はどうなるでしょうか?社会に適応することが難しい人たち。これら
の人々は、歴史を通じて、村から大都市に至るまで、あらゆる規模の
文明に存在してきました。裕福な社会では、社会への悪影響を最小限
に抑える方法を見つけたり、スキルを全体に活用するためのプログラ
ムを設定したりするためにリソースが割り当てられることがありま
す。人口が増加するにつれて、こうした人々がさらに増え、コミュニ
ケーション手段がほぼ瞬時に利用できるようになったことで、彼らは
自分と同じ思考を持つ他者を見つけて、独自のコミュニティを構築で
きるようになります。これは、残りの私たちにとって、彼らの目標に
応じて良いことも悪いこともあり得ます。

しかし、社会が彼らのニーズをサポートする余裕がなくなったら、こ
れらの人々はどうなるでしょうか?