横浜市英語塾 LAE人気のグループレッスン

2020/10/16 ブログ
logo

A couple of days ago, I had to go to the dentist for a routine check up.  I thought nothing of it at the time. But the next day in one of my classes, the topic of medical drugs and addiction came up.  One of the drugs we talked about was nitrous oxide which is used as anaesthetic and colloquially named 'laughing gas' by Humphry Davy around 1800.  Today, my elementary students were doing a project about a periodic table element and one of them discovered that the element of their choosing was discovered by none other than Mr. Davy (along with a handful of other elements). 

Just a thought about how so many things in our lives are connected in someway without us really thinking about it.

 

数日前、私は定期検査のために歯科医に行かなければなりませんでした。当時は何も考えていませんでした。しかし、翌日、一つのクラスで、医薬品と依存症のトピックが出ました。話し合った薬の1つは、1800年頃にハンフリーデービーによって麻酔薬として使用され、口語的に「笑いガス」と名付けられた亜酸化窒素でした。今日、小学生は周期表要素に関するプロジェクトを行っていましたが、一人が選んだ要素は、他ならぬデイビー氏によって発見されました(他のいくつかの要素とともに)。 私たちが実際にそれについて考えることなく、私たちの生活の中でどれほど多くのものが何らかの形でつながっているかについて考えるだけです。