横浜市英語塾 LAE人気のグループレッスン

2020/08/27 ブログ
logo

One of my favorite stories from science history pertains to the discovery of the element gallium.  It was first isolated by the French scientist Paul Emile Lecoq de Boisbaudran in 1875.  After sharing his finding, he was contacted by Dmitri Mendeleev (of Periodic Table fame), and told that the measurements of the density of the new element was wrong.

Him, the discoverer of the element, the first to isolate and measure it; told that he was wrong by a man who had never touched or seen the substance.

Being a good scientist, Boisbaudran redid his measurements and found that Mendeleev was correct. 

Imagine the size of the amygdala in the Russian chemist's brain to make that claim.

Anyways, Happy Birthday Gallium!!

科学史の中で私の好きな物語の1つは、ガリウム元素の発見に関するものです。それは1875年にフランスの科学者Paul Emile Lecoq de Boisbaudranによって最初に分離されました。彼の発見を共有した後、彼は(周期表の名声の)Dmitri Mendeleevから連絡を受け、新しい元素の密度の測定値が間違っていると言われました。

彼は、元素の発見者であり、最初にそれを分離して測定しました。彼はその物質に触れたり見たりしたことがない人によって間違っていたと語った。

良い科学者であるボイスボーランは彼の測定をやり直し、メンデレーエフが正しいことを発見しました。

その主張をするために、ロシアの化学者の脳の扁桃体のサイズを想像してみてください。

とにかく、誕生日おめでとうガリウム!